イトマキエイのブログ

よろしくお願いします。

35年ローンを背負い続けるリスク②

 

こんにちは。

 

前回のつづきです。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

35年ローンを組んで家を買うのがリスクなら住居はどうすればいいのか。

 

それは、必要に応じて賃貸物件を変えていくのがいいんじゃないかなと思ってます。

 

たとえば、①独身②結婚③子供が生まれた④子供が一人立ちしたと4つの流れを考えたときに、その都度必要な広さの家を借りた方が無駄がないんじゃないかな。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

仮に30歳で結婚してその年に生まれた子供が18歳で家を出て行ったパターンを考える。 そして、子供ができたと同時に家を買っていたとしたらその場合子供と同居した期間は、18年間になる。

 

そうすると、子供が出ていてしまうと子供が使っていたスペースは使われなくなる。ローンを35年組んで家を購入していたとしたら17年間は誰も使わないスペースのためにお金を払い続けることになる。

 

 

ただ、子供がつかっていたスペースを利用して民泊とか何か事業を行えばそのスペースは有効なものになりそうですが。

 

不動産業ではたらいた経験もなく、自分で思いつくままに書きました。

住居用不動産賃貸について詳しい本を見つけたら読んでみます。

 

不動産にくわしい方はもっと合理的な方法を知っているかもしれませんね。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー 

それでは。 

 

 

 

 

35年ローンを背負い続けるリスク①

こんにちは。今日は、ジャンルの違う二冊の本を読んでいて内容が重なる部分があったのでそのことについて書きたいと思います。

 

目次

  

二冊の本

まず、ぼくが読んだ二冊の本は下のふたつ。

 

 

このふたつの本に共通していたのは、タイトルのとおり『35年ローンは時代に合わずリスクだ』という内容です。

 

なぜリスクなのか?

就職して持ち家を持つことは、人生の目標の一つだという人も多いと思います。では、なぜ家を持つことがリスクなのかというと、社会の変化によって35年間も安定してローンを返済し続けれる保証がなくなっているからというものです。

 

たしかに今はどんなに業績が良い企業でも10年先まで残っているかは誰にもわかりません。たとえ、大きな企業で安定して収入を得ることができていたとしても、転勤でほとんど持ち家に住めないかもしれません。

 

少し考えてみても、

 

①自動車関連では、電気自動車(部品数の減少による雇用の減少)・自動運転車(誰が初めに市場を独占するのか)の登場、②マスコミ分野ではネットメディア(テレビ・新聞の影響力の低下)の発達、③東京オリンピック終了後の公共事業の減少をどうするのか等、今後どのように社会が変わっていくのか予測しにくいですよね。

 

 

では、なぜ今までは35年の住宅ローンを組む人が多かったのか。

 

それは、今までは毎年給与が上がる目星がついている人が多かったからではないでしょうか。また、結婚後に専業主婦になる女性が多かったため、一つの固定した家を持つことはそれなりに合理的なだったのかもしれません。

 

しかし、今は、結婚する人が少なくなっているし、結婚したとしても共働きの世帯も増えています。

 

そう考えると、働き方・少子高齢化・新しい産業の育成といった課題が解決しない限り長期のローンを組むことはやめた方がよさそうですよね。

 

 

じゃあ、どうすべきか

 

じゃあ、住宅はどうすべきかぼくが、考えたことは明日書きます。

 

 

それでは。

 

 

 

 

『フリー「無料」からお金を生み出す新戦略』を読んだ感想

こんにちは。

 

 

はじめに

ここ数年、ユーチューブ・一部のkindle本・人材紹介サービスなど無料で利用できるものがどんどん増えてきてる感があります。

 

ただ、この流れは、最近始まったものではありません。

 

無料のものサービスを提供してどのようにお金を稼ぐかについては2009年に「フリー」とうい本が出ています。

 

表紙はこんな感じです↓

 

フリー[ペーパーバック版] 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

フリー[ペーパーバック版] 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

 

 

今日は、この本の内容・読んで思ったことについて書いていきたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

内容

まず本の初めにフリーの歴史・具体例について書いてあります。一口にフリーと言ってもいろいろなパターンがあり、それについて詳しく説明が載っています。本書では4パターン載っています。

 

具体的には、

①直接的内部相互補助→ジュースを1つ買うともう1つ無料で付いてくるみたいなパターン。

 

②三者間取引→テレビ広告の仕組みが代表的で、コンテンツを利用する人・発信する人・お金を払う人が別々という形態。

 

フリーミアム→無料の基本版に加えて有料の付加価値のついたものを提供するパターン。ブログの無料版に対する有料版もこれに入ると思います。

 

④非貨幣市場→ウィキペディアの編集作業のように対価を期待せずに人々があげるものすべて。

 

一つ一つ見ていくとどれも知っているフリーの形でしたが、こんな分類の仕方があるんだいう感じでした。

 

 

 

あとは、フリーからどのように稼いでいくのか・社会はどう変わっていくのかみたいなことが書いてあります。内容はこんな感じ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

自分なりにあてはめて考えてみると

 

本書に載っていない具体例を自分で考えてみると、漫画喫茶もフリーの形に当てはめれるかなと思いました。

漫画喫茶は、本を無料で提供する代わりに飲み物・食べ物で稼いでいると考えると①のパターンっぽい。

 

あと、本屋に無理やり当てはめると、本は無料で立ち読みできるし、有料で(つまりお金を払って買えば)家に持ち帰って読めるので③のパターンかな。

そう考えると、フリーの考え方はインターネットの世界だけでなく、実際の世界でも結構たくさん見つけられますね。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

 

自然は命をムダにする

ぼくがこの本を読んで一番面白いと思ったのは、自然は命をムダにする(13章にあります)という項目です。

 

内容を大まかにまとめると

 

マグロが1000万個の卵を産んでもその中で大人になるのは10匹ぐらいだ。自然界にこれほど無駄が多い理由は、数学者が言うところの「局所的最大値(たぶん狭い範囲で最大化すること)」から「大域的最大値(たぶん広い範囲で最大化すること)」へ至るためには、やみくもに撃ちまくる戦略が最良の方法だからだ。フリーの考え方もこれと同じで、無料のサービス・ものの提供で無駄がたくさん出るかもしれないがその方が最終的にはうまくいく可能性が高い。

 

内容はこんな感じです。

 

この考え方は、ものやサービスに使うと素晴らしい結果を生むこともあると思う。ただ、ほとんどのものやサービスはムダになってしまいます。

 

そして、もし、この仕組みを人に当てはめる人が出てきたら結構ヤバイ世の中になると思った次第です。

 

というか、ブッラク企業ではたぶんこういった考え方で人を扱っているんじゃないかと思う。経営者・会社はこの方法を使えば業績を伸ばせるかもしれないけど、やっぱり働き方改革を通じてそういった考え方は、淘汰されて行ってほしものです。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

それではまた。

遊就館(靖国神社)に行ってきました。

こんにちは。

 

久しぶりにブログを更新しました。

 

先日、靖国神社の境内にある遊就館に行ってきました。

 

遊就館とは、日本を中心とした古代から大東亜戦争(太平洋戦争)終結に至るまでの歴史を当時の武具や遺品、遺書、その他の資料などを展示しながら解説している施設です。

 

 

 

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

はじめに

私は、今まで靖国神社に観光で二回ほど参拝したことがありましたが、遊就館には、時間がなくて入る機会がありませんでした。

 

ただ、なんとなく展示の中身は気になっていて、思い切って日帰りで遊就館に行ってきた。遊就館に行く前に読んでおいてよかった本は、最後に紹介しときたいと思います。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

印象に残ったもの

遊就館に行って印象に残ったのは、たくさんありますが、特に印象に残った展示を紹介します。

 

大東亜戦争(太平洋戦争)開戦前の、アメリカとの貿易状況の展示

当時は、石油や銅、機械類など70%近くアメリカから輸入していました。そして、石油の備蓄は、2年分しかありませんでした。

 

長期戦になればなるほど日本は不利になる構造ですね。

 

ところで、今の日本には石油備蓄が約220日分あるみたいです。

集計結果又は推計結果|石油備蓄の現況|資源エネルギー庁

 

開戦のきっかけ・開戦中の状況は長くなるので今回は割愛します。

 

②ご遺影・ご遺書の展示

最後の方にある展示です。多くが特攻隊員のご遺影です。そして、ご遺影をみるとみんな笑顔なんですよ。今から特攻に行くのになんであんな表情ができるのか。他にも、結婚一週間で特攻に行った方のご遺影があったりします。

 

ご遺書の展示のころになると、涙を拭きながらハンカチ片手に遺書を読んでいる人が何人もいました。ぼくも少し涙ぐみながらご遺書を読みました。文書の内容もとても立派でした。この亡くなった方たちが特攻せずにそのまま生きてたら今の日本はどうなっていたのかなと思いました。

 

戦後の日本は経済的には成功したけど、文化的・社会的にはいろいろ問題が多い気がします。その歪みがいま表面化しているのかもしれませんね。

 

 

 

 

 

以上二つが印象に残ったことです。

 

遊就館は、一階は一部無料開放されていて、ゼロ戦をただで見れます。あと、展示をすべて見ようと思ったら2時間くらいかかるので時間がない場合は、一階の無料展示・お土産コーナーに行くだけでも十分楽しめますよ。

 

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

遊就館に行く前に読んでおいてよかった本4選

 

純粋に小説として面白いし、勉強にもなりました。

永遠の0 (講談社文庫)

永遠の0 (講談社文庫)

 

 

 文書が読みやすいです。ついでに幕末史も読みました。

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

昭和史 1926-1945 (平凡社ライブラリー)

 

 

陸軍の異端児と呼ばれ満州事変を起こした人です。その人の世界観・戦争観みたいなものが書かれています。結構驚くような考え方です。

世界最終戦争 増補版

世界最終戦争 増補版

 

 

かなり前に読みました、おもしろかったです。

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)

英国人記者が見た連合国戦勝史観の虚妄(祥伝社新書)

 

 

「職業としての小説家」について

こんにちわ。

 

今日は、何年か前に読んだ本について思ったことです。

 

 

目次

 

これら本は、

これら本は、作者が本をどのような考えでどのように書いているみたいなことが書いてあります。私は、村上春樹の小説は、よく読むのですが、どういうスタイルで小説を書いているのかしれて面白かったです。

職業としての小説家 (新潮文庫)

職業としての小説家 (新潮文庫)

 

 

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

 

 

 

これとは別に、

これとは別に、この本を読んで思ったことは、小説家って羨ましいなということです。具体的に挙げると、まずは一つ目は、時間・場所が自由なところです。彼の働き方は、まさに「ノマド」的です。外国で小説を書いたり、小説を書く間は他の仕事を極力しなかったり…。満員電車に乗って通勤する必要はないし、嫌な上司もいない。というか上司自体いないwww。本当に羨ましい。

 

もう一つは、毎日規則正しい生活を送れるところです。仕事をいていると、毎日同じ時間に出勤・退社するのは中々難しいですよね。サラリーマンは、上司や会社に管理されて一見規則正しく生活できそうだけど、サラリーマン自身で仕事の量を管理することができない。だから、不規則な生活になってしまう。しかし、村上春樹は毎朝ジョギングをして、次に小説を書いて、そのあとは自分の趣味に時間を使っている(かなりストイックではありますが)。完璧に自分自身で自分の仕事をコントロールしている。たぶん僕だけじゃなくて、皆さんもこういったライフスタイルに憧れますよね。

 

このように思う一方で、

このように思う一方で、自己管理能力が相当高くないと小説を書き続けるのは、難しなと思いました。たぶん、私だったら、テレビとパソコンで無駄な一日がつぶれてしまうでしょう。

 

結局は

結局は、職業としての小説家というより小説家(村上春樹)のライフスタイルが羨ましいと思いました。ただ、文書をすらすら書けるようになったら、文書を書くだけでかなりのストレス解消になりそう。

 

そうだ、「思考は現実化する」を読もう

こんにちわ。

 

「思考は現実化する」を読んだ感想です。とても長かったのでメモとして残しておきたいと思いますwww。

 

 

目次

 

ざっくり全体像

この本が書かれたのは50年以上前で成功哲学本の元祖のような本です。ページ数も600ページ以上ありかなりの分量です。この本を読んで、自分が共感できた部分を紹介します。

 

 

本書では、自分の夢や思ったことを実現するために必要な17のステップについて説明されています。私がこの中で重要だと感じたのは、①願望(第一のステップ)、②信念(第二のステップ)、③忍耐力を身につける(第八のステップ)、③マスターマインドの力(第九のステップ)の4つです。

 

以下この四つについてざっくり述べていきます。

 

①願望(第一のステップ)

願望とは、夢や目標をかなえたいと強く思う気持ちのことである。この願望は、こうなったらいいなというロマンチックなものではなく明確で燃えるような願望のことである。

②信念(第二のステップ)

信念とは、願望を現実化するための原動力となるものである。信念というものは、願望という、形を持たない一種の思考を、物理的な実態(たとえば金)あるいは現実的事実(例えばスポーツで優勝する)に転換するのである。すなわち信念によって思考は紛れもなく現実化するのだ。

③忍耐力を身につける(第八のステップ)

次に、願望を実現するためには、忍耐力は不可欠な要素だ。多くの人は初めにちょっとした失敗に出会うと、すぐその目標願望を放棄してしまう。忍耐力は、マスターマインドによって強化される。忍耐力は習慣の結果であり、明確な目標が習慣を生む。

 

マスターマインドの力(第九のステップ

マスターマインドというのは、心と心の波長がぴったり合った二人以上の何らかの願望や目標を持った人の集まりのことであり、また、それらの人々の間で行きかう、波長の合った思考のバイブレーションのことである。(おそらく1+1=2ではなく、3にも4にもなるということだと思う。)

 

*************** 

感想

私が上記4つの中で一番面白いと思ったのは、マスターマインドについてです。

 

 

マスターマインドとはつまり、人が二人以上集まった時の場の雰囲気というか、いわゆる場の空気(空気よめよとかに使われる時の空気のことです)に近いものなのかなと思いました。そして、その場の空気が夢や目標を実現するためにポジティブに働いたときに、マスターマインドと呼ばれるのかなと思います。

 

 

逆に、場の空気がネガティブな方向に進んでしまったり、目標もないまま共有されてしまう場合もあるともいます。そのことによって、集団でのいじめや無意味に会社で行われる会議といった弊害が生じてきてしまうのかなと思いました。

 

 

あと、目標や信念がない又は間違っていたりすると、どんなに優秀な組織でも成功し続るのは難しいと思いました。

 

自分は、そこまで明確な目標信念が思い浮かばないけど将来大丈夫かなwww。

 

それでは。

 

 

 

 

書評「フリーエージェント社会の到来(組織に雇われない新しい働き方)」を読んでの紹介

こんにちわ。

 

下記の本を読んだ感想です。 

フリーエージェント社会の到来 新装版---組織に雇われない新しい働き方

フリーエージェント社会の到来 新装版---組織に雇われない新しい働き方

 

日本人の働き方の問題の一つとして違法な長時間労働が挙げられています。しかし、この問題は、抜本的な解決策が示されないまま放置されたままです。電通社員の高橋まつりさんの自殺事件を受けて、政府はとりあえず残業時間に上限を設けましたが、それでも上限100時間までは合法的に残業できる仕組みになっています。

 

 

+++++++++++++++++

福利厚生のしっかりしているはずの大手企業・公務員で長時間労働が黙認されている事実。

 

一応残業時間の上限(それでも100時間!)は設けられましたが、残業時間を申請しないで働くいわゆるサービス残業はおそらくすぐにはなくならないでしょう。

 

 

大企業でも長時間労働、比較的権利が守られてるはずの公務員でも長時間労働。そうなると、どこかの組織に属して適法な労働環境の下で働くというのはもはや期待できないかもしれないと思ってしまいます。

 

現在働いてる職場が毎日定時で有休がしっかりとれるならその人は相当運がいいのかもしれないです。

 

+++++++++++++++++

では、この問題を解決するのはどうしたらいいのか。その方法の一つとしてフリーエージェントとして生きるというのもありなのかと思いました。

 

本の内容全然書いてなかったwww

 

 

それでは。