イトマキエイのブログ

よろしくお願いします。

カルダモンについて語る時に僕の語ること

 

 

~前書き~

 

真の紳士は客人に出したコーヒーの隠し味にカルダモンを入れたとしても、「このコーヒーにはカルダモンが隠し味で入っているんですよ。」とは言わないだろう。これは何かに書いてあった格言ではなく僕が勝手に考えた言葉だ。

 

というか真の紳士はそもそもコーヒーではなく紅茶を出すだろう。

 

もし、コーヒーを出したとしても普通のコーヒーを提供するに違いない。入れても砂糖とミルクぐらいだ。紳士に限らず、コーヒーにカルダモンを入れるという冒険をしたとして、その結果相手から何かを得られるメリットがない。全くないのだ。むしろカルダモンってなんだよこの人どうかしてるよと思われかねない。

 

仮にカルダモンを入れることがあるとすれば、お互いに「やっぱりコーヒーにはカルダモンだよね。」みたいな合意が事前に形成された間柄である場合に限られるだろう。その場合には逆にカルダモン入りのコーヒーじゃないと飲んだ時に違和感を感じてしまうかもしれない。

 

~好奇心~

確かに、紳士が客人に出すコーヒーにはカルダモンを入れるという冒険は必要ないかもしれない。けれど、自分一人でコーヒーを飲む分には相手のことを考える必要がない。

 

その場合、コーヒーにカルダモンを入れるのか否かは、個人の好奇心を基準に決せられる。そして、私はその好奇心に屈してしまった。そう、カルダモンを買ってしまったんだ。ただただ好奇心を満たすために買ってしまったんだ。

 

~スパイス兄弟~

 好奇心に屈してしまった直接のきっかけは、シナモンコーヒーの成功体験だと思う。シナモンとコーヒーが意外にあったので同じスパイスであるカルダモンも大丈夫だろうと思ってしまったのだ。

 

私の中でシナモンとカルダモンは二人で一つの関係だと自分の中で勝手にイメージ造られていた。お兄さんが勉強できるなら弟も勉強できるでしょう、そんな感じのノリだ。

 

ちなみに私はスパイスの知識はゼロだ。

 

~弟とコーヒーの相性~

カルダモンのふたを開けて香りを軽く嗅いでみるとコショウに近い香りだった。インドとかインドネシア料理店の前を通り過ぎると香ってくるのと同じ香りだ。あの独特の匂いはカルダモンだったんだ。おそらくそうに違いない。

 

 カレーには確かに合いそうだ。でも、コーヒーとなるとどうだろう。香りだけで言えばあまり会いそうにない。いま少しハマっているシナモンとは全く別のタイプの香りだ。まさしくスパイスという感じの香りだ。

 

同じ血を分けた兄弟でも二人とも同じような性格になることもあれば、全く真逆になる場合もある。カルダモンとシナモンはおそらく後者のパターンだ。あと、値段もカルダモンの方が少し高かったのでシナモンを買うときより少し躊躇してしまった。

 

それでは、いつものインスタントコーヒーに振りかけてみよう。

 

~誰にカルダモンを笑うことが出来るだろうか~

カルダモンをコーヒーに入れて飲んでみると香りのまんまの味だった。やはりコショウに近い、ステーキに塩と一緒にふりかけるとおいしいに違いない。

 

でも、不思議だ。コーヒーにも合う。これは、カルダモンがすごいのか、コーヒーがすごいのか、それとも二人ともすごいのか。

 

シナモン、カルダモン、そのまま。三種類のコーヒーの飲み方を見つけることが出来た。この味をランダムにサイクルすれば一日に4・5杯コーヒーを飲んでも味に飽きないはずだ。

 

たまに紅茶でも挟めばもう最強だ。飲み物に困ることはない。

 

~カルダモンの効能~

カルダモンについて効能はたくさんあるようだが、中でも口臭を抑えることと消化促進・リラックス効果が自分にはいい効能だと思う。

 

また、カルダモンは高価なスパイスとして取引されているみたいだ、どおりで少し高かったわけだ。

 

でも、集中力を高めるのにリラックスは必要なので大いに活用していこうと思う。

 

今のところ僕が望んでいることは飽きない味と集中力だ。

 

スーパーでカルダモンの近くにターメリックもあったが買うのはよしておこう。この調子でスパイスを買い増してしまうと際限がなくなってしまう。

 

==================

 

それではでは。

 

久しぶりにところどころ読み返しました。

 ↓ ↓↓ ↓

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

走ることについて語るときに僕の語ること (文春文庫)

 

 

ある日のシナモンとの出会い

シナモンを購入するに至ったある日の過程

============================

 

ある日、私はいつものように近所のスーパーに入った。目的は平日分の朝食と夕飯の食材をまとめ買いするためだ。昼食分は職場の食堂で食べるため買わない。

 

この買い物は毎週末行われる。生きていくために重要で必要な日課だ。毎週末、時間を見つけては食材を買い込む。今は11月中旬、朝晩は気温が一桁まで下がる。この時期になると夕飯は毎週鍋になる。理由は、いちいち悩まなくて済むからだ。

 

鍋は作るのも簡単だ。大きな寸胴に鍋の元と具材を入れて煮るだけだ。気を付ける事といったら火の通りにくいものから先に鍋に入れることぐらい。飽きないように鍋の味付けは毎回出来るだけ変えている。ただ、毎週同じスーパーで買っているので、具材はほぼ毎回似たようなものになってしまう。

 

毎回似たようなものになるといっても野菜が中心であり、そのことはあまり気にしなくてもいいだろう。今日も朝食と鍋の具材を買い物かごに入れレジに向かった。その途中でふとスパイス・調味料コーナーの前を通り掛かった。

============================

 

塩・コショウ・わさび・ショウガ…。ありふれた調味料ばかりだ。様々な会社から売られているが買う気にはなれない。それでは会計に向かおう。そう思った瞬間、『シナモン』の文字が私の目に入ってきた。

 

『シナモン?』

============================

 

確かに、シナモンは知っている。ただ、私の知っているシナモンはドーナツや菓子パンに振りかけられた状態のもので、調味料・スパイスというイメージはない。自分の中では、あくまで甘いものに加えるアクセントという位置づけだ。少し気になって手に取ってみた。

 

何に使うんだろう。

 

よく見てみると、焼き菓子、ヨーグルト、ミルクティー、スイートポテト、ホットケーキ、カレーの隠し味等々色々な例が挙げられていた。カレーにも合うんだ、今度作る時に入れてみよう。それにしても結構なんでも合うんだな。それならコーヒーにも合うだろう。

 

スマホで調べてみるとコーヒーにも入れるらしい。じゃあ、試しに買ってみるか。そう思い何気なく買ってみた。値段は300円ほど。合わなければ捨てればいい。

 

とりあえず買い物を済ませ家に帰った。少し時間が経ってまたシナモンのことが気になってきた。インスタントコーヒーにシナモンパウダーを三回ほどふりかけ、軽くかき混ぜて飲んでみた。

 

うまい。コーヒーとシナモンは相性がいい。いつものインスタントコーヒーの味に少し飽きてきていたのでシナモン独特の香りが良いアクセントになる。

 

シナモンの事がもっと知りたくなったのでインターネットでシナモンについて調べてみた。

 

============================

シナモンについて調べてみると色々なことが分かってきた。

 

 

シナモンはニッキという木の樹皮が原料であることや1000年以上前からスパイスとして世界中で用いられていたことが分かった。古くは、エジプトでミイラの防腐剤としても使われたようだ。木の皮が原料なのは少し驚いた。コショウのように何かの木の実をすりつぶして出来ていたと思っていたので意外だった。

 

あとは効能についても調べてみた。

 

効能、

①毛細血管の修復・保護、

②ハゲの予防改善、

③冷え・むくみの改善、

④美容・アンチエイジング

⑤リラックス・記憶力アップ、

 

すごくいいことだらけだ。味も悪くない。とりあえずは、今買った分は使いきるまで飲もうと思った。ただ、あまりとりすぎると肝障害(一日1~3gぐらいが適量らしい)を起こす恐れがあるらしいので量は抑え気味にしよう。

 

インターネットでぱぱっと調べただけなので、裏付けはとってない。でも、日常生活の中でなんとなく雰囲気で選んでしまうという事は結構あるけど、特に困ったという経験はないし、1000年以上前から食されているならたぶん大丈夫だろう。

 

少なくとも風味を変えるのに大いに役立っているので、適量(一日1~3gぐらい)以下でほどほどに使っていきたい。私は心配性なので一日1グラムもとらないと思うが。

 

カルダモン編につづく。

 

============================

 それではでは。

 

 

車に付いていてほしい機能

こんにちは、イトマキエイです。

 

今日は車に付いていてほしい機能について書きたいと思います。

 

最近は、すっかり朝夕の冷え込みが厳しくなりました。この時期にいつも思うことがあります。それは、車のガラスについた霜を溶かしておいてくれる機能を付けてほしいという ことです。

================

 

今は、まだが付いている程度なのでワイパーを動かせばガラスはきれいになります。ただ、はワイパーで取れないためお湯や水をかける必要が出てきます。

 

私にとってはそれがとても面倒なのです。車庫に駐車できればいいのですがあいにく今使っている駐車場は野ざらしタイプです。

 

具体的にほしい機能は、前日に出勤時間をタイマーにセットしておいて、その時間になったら霜が自動で解けているみたいな機能。車には外気の温度を測る機能もついているので外の温度に合わせてヒーターがガラスを温めて霜を溶かしておくというもの。

 

たぶん、これは今の技術でもできると思うんですよね。自動運転や電気自動車が普及してくるのは、まだ5年・10年ぐらいか掛かると思います。なので、先にこのガラスの霜を自動でとる機能を付けておいてほしいと思うのです。

======================

 

たぶん、私と同じように思っている人は多いと思います。この機能が付けば寒い地域でその車種はメチャ人気が出ると思います。

 

ただでさえ寒くて布団から出たくないのに、少し早く起きて車のガラスの霜を落とすとか面倒ですからね。

======================

 

ここまで、車の機能について書いてきました。しかし、私は車についてそんなに詳しくないのでもしこの機能がすでに出ていたら聞き流しておいて下さい。

 

ちなみに、ヘッドライトを自動で消灯する機能は色々な車種についてるみたいです。今回、インターネットで調べてみて初めて知りました。

 

=====================

それではでは。

二週間トレダビをやった感想

にこんにちは、イトマキエイです。

 

レダビを始めて2週間ほど経ちました。

 

初めは、任天堂空売りが成功し、15万円ほどプラスになりました。その後は、神戸製鋼の売買で20万程プラスになりました。しかし、ソニー三菱重工空売りに失敗しマイナス30万円ぐらいになりました。ソニーの暴騰はきつかったです。

 

そんなこんなで結局今はほとんどトントンです。

 

ただ、その次に買ったソニー(性懲りもなく買いました)とパナソニックの株で少しマイナスになりました。ソニー空売りで20万程マイナスになってしまったので、そのマイナスをソニーで取り返そうと思いましたが返り討ちにあってしまいました。今はソニーパナソニックの株を保有したままです。

 ==================

 

 架空のお金ですが、ここまでやってみて一日中相場を見れる状態じゃないとデイトレードで勝つのは難しいなと思いました。特に今回私が買ったソニーは、業績が赤字から大幅な黒字に転換し、その後の株価の乱高下が激しかったです。

 

私は、ソニーの上昇・下落を読み間違えてしまい、実際とは真逆の予想に基づいて株を買ってしまいました。今後はどうなるのか分かりません。今は株を買っている状態なので頑張れアイボとしか言いようがありません。本当にアイボ次第です。

 

パナソニックは完全に賭けです。東芝株も買おうか悩みましたがとりあえず今は思いとどまっています。

================

 

ここまでやってみて思ったことは働きながらのデイトレードは大変だという事です。そうなると中・長期的な投資をしていく必要があると感じました。

 

今は昨日買った『私の財産告白』を読んで働きながらする投資の心構えを勉強しています。作者の本多静六は大学教授をしながら巨万の富を築いた人です。投資だけでなく、本業・副業もしっかりこなしています。

 

この本を読んで働きながら投資を成功させるにはどうすべきか参考にしたいです。また、読み終わったらブログに書きたいと思います。

 

それではでは。

 

 

正月休みはどこに行こう?

こんにちは、イトマキエイです。

 

アッという間に11月です。この感覚で行くと12月もすぐに過ぎてしまうんだろうな。

 

今は12月のお正月休みはどこに旅行に行こうか悩んでいます。今候補に考えているのは、東京か道後温泉に行くかです。雪国の温泉も少し興味ありますが、どうしようかな。

 

今日は家にいるのでぼちぼち考えていきたいと思います。 

 

ちなみに去年は、東京に一般参賀明治神宮に初詣に行きました。その時の人混みの写真を載せようと思いましたが残っていませんでした。

 

一般参賀は3時間ぐらい並んだ覚えがあります。とにかく人が多かったです。あとは、意外に外国人が多かったことにびっくりしました。写真どこいったんだろう?載せたかった。

 

また、計画が進んだら書いていきたいと思います。

 

それではでは。

 

 

ワークシフト

こんにちは、イトマキエイです。

 

今日は、昼間は本屋やスポーツウェアを見に出かけました。その後家に帰り20時くらいからジョギングをしました。街灯が約10メートル毎にあるだけで辺りはほとんど真っ暗でした。昼間の十数人以上が走っている光景と比べると余計に静けさが際立ちます。

============================

 

それでも、走り始めた時は2・3人は走っている人がいました。しかし、21時半頃に走り終わると私以外に走ってる人は見かけませんでした。途中でストレッチをしたり、歩いたりしましたが6キロほどは走ったと思います。

 

少し達成感を得て車で岐路に着きます。薄暗いジョギングコースから街中に入ると明るくにぎやかな光景が目に入ってきました。何度も見てきた街並みだ。

 

けど急にこの光景はやっぱり異常だと思った。わざわざ22時に回転寿司やファミレスで夕飯を食べる必要あるのかな。しかもお店の営業時間は、23時とかそれよりも遅くまでやってるところもある。23時に営業が終わってもそこから片付けや伝票の整理などをするとお店を出るのに早くても30分は掛かるだろう。そこから家に帰って風呂に入ってご飯食べて等々すると就寝時間は夜中の1時か2時頃になる。おそらく人手不足であまり休みも取れないだろうから疲労がどんどん蓄積していく。しかも、すべてマニュアル通りの仕事で中々スキルも身につかない…。

 

私がどうこうできる立場ではないのはもちろんそうだ。けどこういった働き方が日本中で行われていてそれを目の当たりにすると自分もいつかそうなるかもという焦りや寂しさ・危機感が合わさったような複雑な気持ちになる。

============================

 

そういった現状を見るとこれからはますます個人のスキルを高めて仕事をしていくことが大切になってくると思った。大きな組織にいても個人に恩恵が回ってくるとは限らない。個人と組織(会社)は別ものだ。財布も違うし、働く目的も違う。個人の幸せと会社の幸せは違う。方向性が違うのだ。

 

付け加えると個人では一人々仕事に対する目的も違う。お金のため・生活のため・出世するため・生きがいを見つけるため…。それぞれの要素が複雑に絡み合って個人の仕事に対する目的は構成されていく。しかし、会社が仕事をする目的は単純だ。つまり、利潤の追求だ。それぞれの目的は重なる部分も多いかもしれないが大きく異なる部分もある。

 

そういった違いが少しずつ蓄積していき、ヒズミが生じてくる。こういったヒズミの代表例がブラックな働き方になって表れてくるのではないか。これは、仕組から出てきた不具合だ。みんなおかしい、このままではいけないと頭の中では分かっている。でも誰もこの流れを止めることはできない。

 

この流れから逃れる方法の一つは個人で実力を付けて生きていくしかないと思う。仏教でいう解脱の境地に入るしかない。輪廻の循環から逃れるには解脱するしかない。

 

もう、個人で実力をつけて仕事をしていくしかないのかな。

 

そう思った休日の夜でした。

 

 

それではまた。

 

 

継続は大変!

こんにちは、イトマキエイです。

 

このブログを始めて半年ほど経ちました。

 

細々ながらもブログを書いてて思ったことを書きたいと思います。

 

それは、毎日ブログを書くのはかなり大変という事です。先月は11記事書きましたが、私としては結構大変でした。有名なブロガーとなるとほとんど毎日記事を書いているようなので自分には、中々出来ないなと思いました。

 

特に働きながらだと、自分が自由に使える時間が少ないためいかにブログに自分の時間を割くかが大切になってくると思います。例えば、ブログで書く文書の内容を頭で前もって頭で考えておき、パソコンに向かったらすぐに文書を書きだしていくなどです。

 

加えて、私は記事のネタが中々思い浮かばないため使えるネタをいくつかストックしておく必要があるかもしれません。

 

まとめると、文書を継続的に書いていくためには自分なりの仕組化が必要だと感じました。

 

話のネタと同時並行で文書の書き方も身に着けていく必要があるなと感じました。これといってダイソレタことはしていませんが、文書の書き方の本を読んだりほかのブログの記事を読んで自分なりに参考にしています。

 

 色々考えた結果、継続のためには仕組化が必要だと思いました。おそらく仕組化がしっかりできるようになれば自然と文書の量・質が上がってくると思います。

 

仕組み化が大変なのですがそこは頑張って作っていきます。今月は、10月よりもたくさん記事を書きたいです。

 

今日は、疲れたのでもう寝ます。

 

それではでは。